2008年10月16日

床レンガ

brique.jpg

こちらのコンクリートの建物には、床の型枠にレンガが使われていて、何故わざわざ重いものを打ち込むのだろうと思っていたら、床に使われているレンガは長方形ではなく、シルクハットのような断面のものだった。つまり帽子のつばとつばが接するように並べるとレンガとレンガの隙間にコンクリートが充填され、リブ状の構造体になるのだった。リブ状の下部に配筋してるところは見たことがないが、レンガと一体化して鉄筋の役割を担うのだろうか?中空レンガ打ち込み工法は円筒形のパイプを並べて打ち込むボイドスラブにも通じるのかもしれない。


posted by May_Say at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ