2008年11月26日

修理

crevaison.jpg
このところ体調も気分もいまいち。週末どこにもでかけず飲んだくれてたからか、レセプションに備えて胃を大きくしようと多めに食べてみたものの、苦しいだけだったからか。マヨネーズの容器を落としてひびが入り、空気が漏れて押し出せなくなってしまったとか、消したつもりの石油ストーブが消えてなかったとか。些細なことが積もると精神衛生上よくないので、できることから懸案事項をかたづけてみる。ひとつはチャリのパンク。修理の仕方は万国共通。最悪一時帰国したらダイソーで100円修理キット買って自分で直そうかとも思ったけど、1DT(約100円)だったので、こっちで頼んで正解だった。こういう油まみれのチュニジア人は好きだな。

さっそく久しぶりにサイクリング。とりあえず郊外のショッピングセンタープロモグロに行ってみよう。チャリなら歩きよりヤジは少ないだろう。そう思ったのは甘かった。奴らは歩きかチャリかなんて関係なく、視界に東洋人が入ったらパブロフの犬よろしく反射的に吠えるのだ。以前書いた禁断の領域の前を通ったのだが、体力が落ちてて息が切れ、確認どころではない。幹線道路はビュンビュン大型車輛が追い越して怖いし、ゴミは舞っているし、チェリのペダルの片方が回らず不自然な漕ぎ方になるし、とても快適とは言えない。家に引き蘢ってるよりはたまには出たほうがましって程度。

プロモグロに来てみたものの。案の定欲しいモノなどなかった。スースのスーパーシャンピオンに日本と同じようにパックされた切り身の鶏肉が売っていたのであんなのあればいいな、なんて思ったけど、鶏肉はガラスケースのステンレスの上で乾きかけてた。それいつから置いてあるの?って感じ。この街で肉を買う日が来るのだろうか?。。。。


posted by May_Say at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ