2009年03月28日

テーブルタップ炎上

prise.jpg
3.5D(約230円)で買ったばかりの3口テーブルタップでコーヒーメーカーを使ったらコードの数カ所から火を噴いて焦った。幸い近くに燃えるものがなかったから大事にはいたらなかったが、気がつくのが遅れていたらちょっとヤバかったかもしれない。
 国内製品、輸入品、いずれもこの国で売っているものは品質管理が全く出来ていない粗悪品が多い。安かろう悪かろう。自転車もとうとうチェーンが切れて、繋いでみたがうまく動かなくなった。修理してもまたどこかすぐ壊れるので、直したものか、もう乗るのやめるか悩むところ。
 日本では工場出荷前にはじくべきことが途上国では消費者に委ねられている。だから安いのか?中国製でも品質検査に通ったものが日本に輸出され、残ったものが国内やチュニジアに回されるのか?要はどの段階で誰がリスクを取るのか?というしくみの問題で安易にグローバルスタンダードを押し付けていいのかは一考の余地がありそう。実際には露天価格とスーパーチェーン価格の並列だし、日本にも保障無しのバルク商品はある。


posted by May_Say at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ