2009年07月17日

断線

sesshoku.jpg

Macの電源の接触がピンチ。
本体との接続がマグネット式になっているので、コードに足を引っかけても、簡単にはずれてコードを傷めないよくできた設計になっているのだけど、流石に何度もひっかけてるとダメになってくる。コードの角度を変えたりしてだましだまし使えているが、使えなくなるのは時間の問題。ケロアンにはMacを扱う店はなさそう。チュニスでは一件心当たりはあるが、電源アダプターだけ売ってるのかどうか。。。

こういうのは本当にダメになった時はじめて解決の旅がはじまる。ケロアンで本当にMacを扱う店はないのか、アダプターの修理はできないか(余計壊されそうだが)。Macがなくなるとシゴトやライフスタイルに制限はかかるが死ぬわけじゃない。日本ならそろそろやばそうって段階で簡単にスペアが手に入るが、こっちでは簡単には入手できないから本当になきゃ困るって状況に追いつめられないと探すモチベーションも上がらない。

人気ブログランキングへ
地域情報 アフリカ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
海外生活ブログ


posted by May_Say at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ