2009年08月25日

チュニジアの病院

xray.jpg

チュニジア在住1年8ヶ月にして初病院体験。たまにひどい腹痛に襲われるが、大抵夜中なので耐えてきた。もちろん本当に死にそうなときは「190」に電話すれば救急車が来てくれると思うし、要件がうまく伝えられなかったら友人を呼んで電話してもらうことになるだろう。
今回は病気じゃなくて健康診断。これまで知らなかった家の近所の病院へ。8:30に行くも、ドクターが来るのは9:00過ぎだと言う。玄関は開けっ放しで、ホールにはベンチが置かれて待ち合いになっているのだが、建物の外にもベンチが置かれていて、居酒屋の入店待ちの様相。建物内は冷房効いてないからだと思う。しばらく待って、診察室で要件を聞かれたら、徒歩数分の別の建物で採血とレントゲン。結果と問診は木曜日の予定。チュニジアは公教育と公的医療は無料らしいのだが、検査は外国人も無料みたい。今日のところは請求なかった。
日本ではレントゲン写真に触れる機会等なかったが、こちらは自分で持ち歩く(持ち帰る)。

人気ブログランキングへ
地域情報 アフリカ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
海外生活ブログ


posted by May_Say at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ