2009年10月03日

virginity

Japanese invent artificial hymen so it can be your first time again.. and egypt threaten the death penalty for anyone that imports it
「日本人が発明した人工処女膜であなたの初回が再び可能に--そしてエジプトはそれを輸入するものに死の罰をと脅している」と話題になっている。日本では女性に処女を求めるのは少数派だと思うけど、イスラム圏では基本的に婚前交渉はしてはいけないことになっているので、男女ともvieginityに対する意識は強い。とは言え、実際にはしてしまう人もいるから
孤児院があったり、こうした製品がイスラム圏で売れる。
http://joulesbeef.newsvine.com/_news/2009/09/29/3327949-japanese-invent-artificial-hymen-so-it-can-be-your-first-time-again-and-egypt-threaten-the-death-penalty-for-anyone-that-imports-it

Egypt: Islamic scholar calls for death penalty over "virginity-faking" device
http://www.jihadwatch.org/2009/09/egypt-islamic-scholar-calls-for-death-penalty-over-virginity-faking-device.html

steadyhealth.comのBBSには
"can i use artificial hymen on my wedding night?"
私は初夜に人工処女膜を使うことができますか?
http://www.steadyhealth.com/can_i_use_artificial_hymen_on_my_wedding_night__t160937.html
というやりとりがあったりするから、イスラム圏じゃない国や社会階層ではまだまだ気にする人はいそう。日本でも1940年くらいまではそういう価値観が主流だったかもしれないし、晩婚と言われる今でも中高時代に付き合い出してそのままゴールインというカップルは多いと思うし、30代40代でも彼女(彼氏)いない暦=年齢という人が市民権を得て来ているから処女童貞婚というのは晩婚でもあり得そうだ。

今話題になっているのは「貞徳紅」(2300円)という中国製の模様。
http://www.kanpoucom.com/product/245.html
によれば、「1993年に日本京都人体運動科学研究組織の久木四郎博士に発明されて、最初日本の瀬戸内海沿岸のいくつかの“女子家政学院”で流行っていて、1995年からタイ国の暹羅湾の娯楽圏にいる売春婦の間に流行っていて、今はもう東南アジア、南アジア及び中国東南エリアに人気があって、多くの女性に喜んで受け入れられています。貞徳紅の主な成分は身体に副作用のない天然アルブミン、薬用膨脹素、水溶性基剤及びカルボキシメチルセルロースナトリウムです。貞徳紅を膣に入れてから熱及び分泌物によって溶け、膨張して、速やかに膣口を封じます。」
posted by May_Say at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログへ